[スタッフレポート]夏の終わりの海。

名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子の實一つ

島崎藤村の詩をメロディーにのせた歌
娘たちと聞いていて

思い立ったようにシーズン終わりの海へ。

img_1512

砂浜がきれいな若狭和田のビーチ。

休日の昼間、台風のあと、サーファーがたくさん。

娘たちはさっそくサンダルを脱いで温かい砂の上。

img_1555

最初は恐る恐る。。。

着替えあるから多少は濡れても大丈夫、の一言で
あっという間に海に突っ込んでいく二女。
それでも慎重に進む長女。

img_1556
ざぶーん。。。

img_1529

三女はちょっと怖かったそうで砂浜でかいがら拾い。

img_1558

娘より真剣になってきれいなのを拾い集めてしまいました。

img_1544

椰子の実は流れ着いていなかったけど
空は高くて海の水はとってもきれいでした。

9月118、19日は和田de路地祭があるそうですよ。

かさまんで洋服を買って若狭方面にドライブも楽しいかもしれませんヨ。

若狭たかはま観光協会